「えるもちゃんマジ天使-Elmo - chan Seriously angel☆」(CV.えるも-Elmo)-VIP

「えるもちゃんマジ天使-Elmo - chan Seriously angel☆」(CV.えるも-Elmo) http://erumo.officialblog.jp/ の裏サイト! こっちはアダルトカテゴリー❤(ӦvӦ。)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    好きな女と一生生きるにおいて。



    捨てなければいけないことや諦めなければいけないことがたくさんある。

    それを覚悟した今ではなにも考えたりはしなくていいくらいになっていた。



    女によってチカラをつけることが男にはあるし、
    そして、
    女が近くに入れたからこそ強くなれた自分を理解していたからこそ、新しくも素晴らしい未来があるのも、今は確信できるんだ。

    思いがすれ違うことがある。


    だが、
    そのスレ違いとは、相手を理解しなかった時だからこそ大きい。




    少し歩み寄りがずれただけで、
    人は相手との歩調がずれる。

    それこそが、
    本当のすれ違いだ。
    全力投球せよ。

    立ち向かい続けることで超えられる壁もある。

    越えられないのならばその壁に対して実力が足らないこともわかるのだから利益もある。
    だからこそ
    壁を超えるために力をつけて、
    また戦ってみればいいのではないだろうか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/12/27)


    もうあれですよ。


    あの場所の巨大化が日に日に巨大化しているんです。





    もう、
    玉のほうがヤバいのなんの。


    最近はコンプレッションインナーを履いているんですけど、
    玉の巨大さでちょっと違和感がヤバいです。



    あと、
    バイクとかの揺れがしんどい笑

    水というものは一箇所に固まるものだ。


    雨だって最終的には海に流れ着いて一つとなる。
    水は人と同じだ。
    流れに流れてどこかにたどり着き、最終的に何かと一緒になるものだ。
    命というのは儚いものだ。

    生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。
    それをブログに綴ることが、
    命の証明になるのなら、いくらでも新しい文化にしていこうじゃないか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    正直言うと、
    女っていうのは自分勝手だと思う。



    男の言うことを聞かないで好きというし、好きならば男のことを理解しようとすることが大切だと男である私も思う。


    男というのは、
    予想以上に女性の事を考えている。
    その考えてくれている費用ド返しで一方的に思われても、大変疲れるだけだろう?

    心とは環境で変わる。

    新しい環境ならば新しい気持ち、
    いつもと同じなら安心してできるようになる。
    そんな思いでブログを書いたらどうだろうか?

    新しい気持ちで書くことで発見があるかもしれないだろう?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2017/1/1)

    あー。
    もうダメだ。



    あれしたいわ。
    「行為」
    したいわ。

    あの行為したいわ。


    もうあれがしたいわ。


    S○X!!!






    っていうオチ笑

    もし、
    絶対に強いと思うのであれば、

    自分よりも強い相手に対して恐怖は感じるかどうか聞くと本物かどうか分かる。




    どうしても強くなると、
    相手に対して軽んじる発言をするようになり、
    勝てるとか思っていたら負けてしまうことがある。



    だが、
    本当に強い人間は、
    自分より強いものに対して絶対的恐怖心がある。
    100%でも勝てないと思ったことがあるか聞いた時、強い人間は、「ある」と即答できる。



    それくらいに、
    恐怖に打ち勝てなければ、100%を超えた戦いをして相手を倒すことができないからだ。
    夢なんて持つべきではない。




    というよりも、
    私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。
    夢というのは努力せずして手に入れることはできない。



    それと同じように、
    どんな物事も成功するには努力しなければならない。
    私もそうやって努力してきた。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    運動は一番のストレス解消法!
    ストレス解消方法として一番有効的なのは、運動をすることだと思います。なぜなら、ストレスというのはストレスによって身体能力の筋肉の硬直や、行動力の減退によって肉体の弛緩作用が起こりうるため、運動、しかも有酸素運動をすると血流が改善されるそうです。さらに、や...(続きを読む)

    堂々
    堂々正直、違法アップロード動画を堂々とまとめている人間がいるが、私はそういう人間があまり好きではない。違法アップロード動画というのは著作権がかかっており、それを違反して凍結されることが多いのだが、そんなものをまとめる人間が、同じブログで儲けている人間の私...(続きを読む)

    本気
    いくらでも進むべき道。本気で進み続け続ける。人生は前へ進むことだ。進まなければ幸せになれない。それが、人が本気になる理由である。生きるのならば、できるだけ可能性を突き詰めて生きていたいものだ。常に可能性というものはどの行動にもあって、常に生きている人間た...(続きを読む)

    本日のトレンドワード情報です!
    (2016/10/06)オートファジー台風18号台風通過シュウメイギク秋本番秋空栗ご飯雨風風の音コンバイン体育の日赤とんぼ夜長ハロウィーン秋祭り付与含有温帯低気圧ググるデバッグドル円機械学習奈良時代老子Google真冬人工知能無線LANYouTubeAmazon台風情報Googleマップ楽天DMMFa...(続きを読む)

    現代ではストレスは便利
    ストレスというのが多い現代社会では、むしろストレスは便利なものだと考えるべきだろう。どれだけ行動していても、周りにはブルーライトや紫外線、人混みや爆音カーなど、いくらでも環境にストレスが存在している。だが、そのストレスっていうのは、それを嫌だと思っている...(続きを読む)

    テコ入れ
    そもそもテコ入れをする必要があるのだろうか?なんににでも不完全はあるものだし、絶対に完成されたものはない。まあ、だからこそ、テコ入れの必要がある場合もあるのだろうが。その日少しでも前に勧めたという実感は、その人の未来を絶対的に明るくする理由になるだろう。...(続きを読む)

    なぜストレスで睡眠不足になるのか?
    ストレスというのは、精神に対して抵抗力を減らす作用を持っています。なので、精神力を削ってさらに安定しなくしてしまうため、睡眠という精神が安定する世界が苦手なのです。なので、体が過敏状態、神経質状態になると仕事になって頭が動いてしまうのと同じで、その状態だ...(続きを読む)

    (2016/10/12)
    体育の日シュウメイギクうろこ雲初冠雪長雨連休明け寒暖差夜長秋祭り冬支度円安地球温暖化うつ病円高自閉症コスモス水草抑うつYouTubeamazon.co.jpAmazonGoogleマップ楽天DMMGoogleTwitter楽天市場サッカー金銭感覚がわかる瞬間夢なんて持つべきではない。というよりも、私的...(続きを読む)

    クレーム対応は神部署。
    クレーム対応は神部署。特に問題があったときのみ利用されるクレーム対応課は、謝罪のプロが在籍する好立地条件です。もし、プライドが高いのならば、絶対にそこには行かないことです。其の部署にいる人間は、その仕事にプライドを持ってあなた達のプライドの高さを肩代わり...(続きを読む)




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    この時代は弱肉強食だ。


    誰よりもその仕事ができれば、
    意地でも成功できるようになる。




    その努力量が社会にどれだけ貢献できるのかは計り知れないが、世の中を限りなく成長させるのは当たり前のはずだ。

    秘密とは共有するものだ。

    誰にも明かしたくない事実ならともかく、誰かと共有したい事実ほど共有してしまうものだ。
    人には秘密を言いたくなるという修正がある。


    だからこそ、
    誰にも明かしたくない事実以外は他人は絶対話してしまうのだ。
    人間には遺伝子にさえ決められた限界がある。

    別にそれ以上いけないわけではないが、
    通常の人間の生き方では限界が有るようだ。


    今では無限に生きる理論も確立されているらしい。
    それくらいに、
    人間は限界を超えるかどうかに興味が有るのだ。

    このページのトップヘ